貸してくれない?主婦でも審査が通りやすいおすすめのカードローン

主婦だとなかなか貸してくれないのではと不安に思っている人も多いようです。確かに、主婦は「経済力」だけを考えると、自分一人では厳しい数字になってしまいます。
そのため、自分の経済力で判断される審査になると、結局は「収入なし」と申告する形になりますので、審査のハードルが高くなってしまいます。
ですが、それでも審査に通りやすい所もあります。そこで、いくつかご紹介したいと思います。
主婦カードローン1

・狙い目は銀行系

カードローンを利用する際、主婦は銀行系のカードローンを狙うのが良いでしょう。なぜなら、銀行系に関しては総量規制の対象外になる点。そして、夫の収入で審査してもらえる点があります。
消費者金融や信販会社は、夫がいても自分の収入が問われます。
主婦だと「無職」「0円」で申告しなければなりませんので、審査には通りにくいのです。また、それらは総量規制も加味されますので、他でローンを作っていると、更に審査に通りにくくなります。
その点銀行系カードローンは総量規制も無縁なら、夫の収入で審査出来ます。
なぜかというと、貸金業法と銀行法の違いです。銀行系は、銀行法の元で営業していますので、それらが関係ないのです。総量規制などは、あくまでも「貸金業法」の元の法律だからです。

 

・新生銀行レイクのカードローン

主婦カードローン2
主婦から圧倒的に人気を集めているのは新生銀行のカードローン、「レイク」です。元々は消費者金融だったレイクですが、金融業界の再編により、新生銀行傘下となりました。どのような経緯であれ、現在のレイクは「銀行系カードローン」になります。レイクは審査がとても甘い事で知られています。
更には銀行系です。夫の収入で審査出来ますし、即日審査も可能です。主婦にとってありがたい点が多々ありますので、カードローンをと考えた時、多くの主婦がまず申し込むカードローンと言われている程です。

 

・楽天銀行カードローン

主婦カードローン3
こちらも審査が比較的甘い事で知られているカードローンです。楽天銀行は、名前からも分かるように楽天グループの銀行になりますので、楽天のポイントなどのメリットがあります。
金利に関しては標準的な数字となっているのですが、審査の通りやすさ、楽天ポイント。この二点が主婦にとって人気です。
また、こちらも銀行系列のカードローンになりますので、夫の収入での審査が可能です。
支払日も1日、12日、20日、27日から選べますので、夫や自分自身の収入体系に応じて返済日を選べる点も嬉しい点です。

主婦ならやっぱり手堅くいこう!カードローンなら銀行がベスト♪

カードローンは利用したい。でも初めてなのでどこを利用すれば良いのか不安…という主婦にとってお勧めなのが銀行系のカードローンです。
「銀行系カードローン」には、主婦にとって安心出来る要素がいくつもありますので、カードローンの世界に慣れていない主婦はまずは銀行系カードローンにすべきでしょう。その理由をいくつか挙げてみます。
主婦カードローン5

・銀行系という安心感

カードローンというサービスそのものに対して、まだまだ心配な面をお持ちの主婦も多いのではないでしょうか。近年のカードローンは法整備もしっかりとしていますので、延滞や遅滞を繰り返すなど、余程の事をしない限り、ドラマなどで描写されているように自宅に怖い人がやってきて…などいった事はありません。
ですが、どうしてもそのようなイメージが強いため、お金は借りたい。でも消費者金融では…という抵抗感をお持ちの主婦も多いようです。その点、銀行系カードローンの場合、提供しているのは銀行になります。
銀行は社会的な責任や信頼感もありますので、信頼を損ねるようなおかしな事はしないだろうという安心感がありますし、実際銀行はコンプライアンスは徹底していますので、利用している中で、トラブルになるような事はまず有り得ません。延滞や遅滞をしても、淡々と電話がかかってくるだけです。

 

・金利が低めに設定されている

銀行系カードローンは消費者金融や審判会社のカードローンに比べて金利が低めに設定されています。「借りれればどこでも同じ」と思っている主婦も多いようですが、金利はとても大切です。数%違うだけで、返済金額がまったく変わってくるのです。
利息の負担が大きくなると、元本がなかなか減らない苛立ちも出てくるでしょう。
ですが利息が低いので、他の所でカードローンを借りるよりも返済が早くなります。

 

・いざという時にバレない

主婦カードローン4
銀行系カードローンが主婦にとって大きな味方となってくれるのは、その名前です。例えば、カードローンでお金を借りると金融機関から「お金を貸しました」という書類が送られてきます。その際、消費者金融から送られてきたのを夫に見られたら「お金でも借りているのではないか」と疑惑を抱かれてしまいます。
ですが、銀行からの書類であれば「何かのチェックかな」くらいにしか思わないでしょう。その点では信販会社も安心出来るかもしれませんが、信販会社からの書類の場合、「クレジットカードで大量に買い物でもしているのではないか」と疑われてしまうかもしれません。
ですが銀行系であれば「預金の確認かな」「口座の事かな」くらいにしか思わないでしょう。カードそのものを見られたとしても、カードに銀行の名前が記載されていますので「キャッシュカードか」くらいにしか思われません。主婦にとって、夫にバレたくはないはずですが、特に銀行が工夫しているとかではなく、銀行の知名度や安心感から、夫にバレにくいのです。

パートの主婦でも大丈夫?スムーズにカードローンを通す方法!

主婦がカードローンの審査を受ける際、パートでも大丈夫なのかどうか、不安になっている人もいるかもしれませんが、結論から言えばパートの主婦でも特に問題はありません。
ですが、いくつかポイントがありますので、それらを把握しておきましょう。

 

・パートでは限度額は低くなる

パートの場合、どうしても限度額は低くなります。主婦の場合、夫という大きな存在がありますが、「自分自身の経済力」となるとパート収入だけで判断される事になります。
そのため、思った程借りれないケースの方が多いです。希望額に達しないケースの方が多いとも言われていますので、その点は予め覚悟しておきましょう。
主婦カードローン6

・カードローン各社の審査基準

「カードローン会社」とは言っても、それぞれ審査基準は異なります。審査が厳しい所もあれば、比較的甘い所があります。
パートの主婦がカードローンをと思った時、経済力に自信がないのであれば審査が甘いとされている所に申し込むのも手です。
審査基準は各社によって微妙に異なるのですが、金利を見れば大まかな審査基準も見えてきます。最低金利が低ければ低い程、審査が厳しくなります。
金利が低いと、貸す側は利益が低くなりますが、経済力の伴っている人であれば未回収のリスクを軽減出来ます。
一方、経済力に不安がある人の場合、未回収のリスクを防ぐためにも、予め高い金利を設定します。

 

・審査基準は非公開ですが…

主婦カードローン7
審査基準に関しては、どのカードローンも「当社基準」とだけしかアナウンスしていません。年収がどれくらいだといくら借りられるとか、夫の職業によってどれくらいになるかの一覧表がある訳でもありません。
ですが、どのカードローンもパートの主婦の場合、夫の経済力も必ずチェックしています。主婦がお金を支払えなくなった時、誰が支払うのかといえば他ならない夫なのです。夫の経済力を重視するのはある意味で当たり前です。
その際、夫がハイステータスであれば借りやすくなりますが、自営業やフリーランスだと、審査基準は厳しくなってしまいます。その点は頭に入れておきましょう。

 

・トータルで考えられます

カードローンの審査基準は主婦のパート収入だけではなく、トータルでのものになります。例えば子供の有無。子供がいれば、子供の教育にもお金がかかりますので、自由に出来るお金が少ない事になります。
そのため、延滞や遅滞のリスクが高まります。ですが子供がいなければ自由に使えるお金も増えますので、審査も甘くなるでしょう。このように、どれだけのお金を使えるのか。職業や夫、持ち家なのか賃貸なのかなど、あらゆる角度から審査されます。

 

【参考サイト】もっと詳しくカードローンの事やレディースローン、専業主婦でのキャッシングなどに興味がある方は以下のサイトはオススメです!